米ヘルマン、英バークレイズのiシェアーズに買収提案も(2)

米ヘルマン・アンド・フリードマ ン率いるプライベート・エクイティ(PE、未公開株)投資グループ は、英銀3位バークレイズのETF(上場投資信託)部門、iシェア ーズ買収に向け、最大50億ドル(約4800億円)を提示する可能性が ある。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

協議が非公開であることを理由に匿名を条件に明らかにした関係 者によると、バークレイズは買収提案の期限を今週末に設定している。

バークレイズは英政府から公的資金の注入を受けずに資本増強し ようとしており、iシェアーズの売却を模索している。一方で同行は 16日、英政府による不良資産の損失保証プラグラムへの参加に向け、 英財務省と協議を開始したと発表している。

NCBストックブローカーズ(ロンドン)のアナリスト、サイモ ン・ウィリス氏は「もっと通常の環境であれば、iシェアーズは戦略 的に重要な資産と見なされるだろうが、今回の売却は資金調達のため の現実的な決断だ」と指摘する。

ヘルマン・アンド・フリードマンは既に英ファンド運営会社ガー トモア・インベストメント・マネジメントを買収。また、ベイン・キ ャピタルと共同で、破たんした米リーマン・ブラザーズ・ホールディ ングスの資産運用部門の買収にも名乗りを挙げた。

ヘルマン・アンド・フリードマン、バークレイズ両社の広報担当は この件で、いずれもコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE