東京外為:ユーロ堅調か、EUが融資枠倍増へ-対円3カ月ぶり高値

東京外国為替市場ではユーロの堅 調な推移が見込まれる。欧州連合(EU)が20日の首脳会議で財政難 に陥った加盟国への緊急融資枠を倍増することで合意したことを受け て、ユーロ圏景気の先行き不安が緩和していることがユーロを下支え しそうだ。

週明けの東京時間早朝の取引では、ユーロ・ドル相場が一時1ユ ーロ=1.3676ドルと、前週末のニューヨーク時間午後遅くに付けた

1.3582ドルからユーロが大幅に水準を切り上げている。

また、ユーロは対円でも買い進まれており、一時は1ユーロ= 130円87銭と、昨年12月18日以来、約3カ月ぶりの高値を付けてい る。

一方、ドル・円相場はドル売りが優勢となっており、一時は1ド ル=95円43銭と、前週末のニューヨーク時間午後遅くに付けた95円94 銭からドル安・円高が進んでいる。

東欧リスク懸念は緩和へ

20日に開かれたEU首脳会議では、加盟国への緊急融資枠を500億 ユーロ(約6兆4720億円)と従来の2倍に拡大することが合意された。 緊急融資の対象となるのはユーロを導入していないEU域内の11カ国 で、このうち8カ国は東欧諸国となっている。

ハンガリーなど東欧諸国の経済危機がユーロ圏経済を圧迫するとの 懸念がユーロの下押し圧力になっていただけに、危機に直面している加 盟国への融資枠が拡大されたことで、ユーロの買い戻しにつながりそう だ。

ルクセンブルクのユンケル首相兼財務相は首脳会議後に、「この融 資枠が全額使用されることはないと思う」とした上で、われわれには必 要に応じて「追加的な措置を講じる用意がある」との考えを示してい る。

ただ、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーでドイツ連銀総 裁のウェーバー氏が22日に、ブリュッセルで開かれた会合で「われわれ には変更の余地がある。変更の必要に応じて、その余地を利用してい く」と発言。利下げ観測がユーロの上値抑制要因になる可能性も残る。

米財政赤字拡大見通し

一方で、米議会予算局(CBO)が2009年度(08年10月-09年9 月)の財政赤字が約1兆8500億ドルになるとの予想を明らかにした。こ れは、米政府が2月に出した予想を1000億ドル上回っている。

財政赤字の拡大見通しがドル売り圧力となる可能性もありそう だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE