ECBは追加利下げも、リセッション対応で-ドイツ連銀総裁

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバーでドイツ連銀総裁のウェーバー氏は22日、ECBが第2次世界 大戦後最悪となっている欧州のリセッション(景気後退)に対処するため、 追加利下げを実施する可能性があることを明らかにした。

ウェーバー氏はブリュッセルで開かれた会合で、ユーロ圏の政策金利 は1.5%にあるとした上で、「われわれには変更の余地がある。変更の必 要に応じて、その余地を利用していく」と述べた。

ECBは5日の定例政策委員会で、短期金利の調節手段である短期買 いオペ(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最低応札金利を過去最 低の1.5%に引き下げることを決定した。昨年10月には、市中銀行に無 制限の資金を供給することを決めるとともに、融資の際に受け入れる担保 の対象を拡大した。

ECBに対しては現在、利下げ余地が無くなった場合のリセッション への対処法を明示するよう求める圧力が高まっている。米連邦準備制度理 事会(FRB)と日銀は政策金利をゼロ付近まで引き下げており、イング ランド銀行は0.5%としている。

ウェーバー氏は「ECBは短期間に米英の中央銀行と同程度の金融緩 和策を実施してきている」と述べた。

-- Editor: Riad Hamade, David Merritt.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Meera Louis in Brussels at mlouis1@bloomberg.net James G. Neuger in Brussels at jneuger@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE