コンテンツにスキップする

米シティとJPモルガン、社員に顧客サービス集中促す-賞与制限問題

米銀大手のシティグループとJP モルガン・チェースは20日、公的資金注入を受けた銀行の賞与を制限 する法案作りが進められている問題で、従業員に対し顧客サービスに 集中し続けるよう促した。

シティのビクラム・パンディット最高経営責任者(CEO)は、 同行は「政策当局者とあらゆる面で適切に協議を続けている」と説明。 JPモルガンの資産運用部門のジェス・スタンレーCEOも従業員に 対し、「現在われわれが直面しているすべての課題に真剣に取り組ん でいる」と強調した。

金融機関のボーナスをめぐっては、1730億ドルの公的資金注入を 受けた保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) が1億6500万ドルのボーナスを支給していたことに議会の批判が集 中。下院は19日、公的資金を受け入れた企業のボーナスに90%課税 する法案を可決した。上院も来週、同様の法案を採決する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE