デュークFRB理事:住宅や株の値下がりが銀行融資基準の厳格化促進

米連邦準備制度理事会(FR B)のデューク理事は20日、下院金融委員会で証言し、住宅価格と 株式相場の下落は、米銀による融資基準の厳格化につながったと指摘 した。

事前に配布された証言テキストによると、理事は「米国などの 国々の住宅ブームの終えんと、それに伴う住宅ローン市場の問題をき っかけに生じた世界的な信用市場の崩壊が、資産価値と信用環境の劣 化につながった」との見方を示した。

FRBは17、18の両日に開いた連邦公開市場委員会(FOM C)会合で、最高3000億ドルの米長期国債購入に加え、住宅ローン 担保証券(MBS)や機関債の購入拡大を決定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE