インド株(20日):3日ぶり下落-ICICI銀など銀行株が安い

インド株式市場では、指標のセ ンセックス30種指数が3日ぶりに下落した。資源株が上昇したもの の、不良債権が増加するとの懸念からICICI銀行などの金融株が 売られ、相場を押し下げた。

インド2位の銀行、ICICI銀は4.4%安、同最大手のインド ステイト銀行は1.5%下げた。金属相場の上昇を背景に、銅生産大手 スターライト・インダストリーズは1.1%高となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比35.07 ポイント(0.4%)安の8966.68で終了。年初来では7.1%下げて いる。このままいけば四半期ベースで5期連続マイナスとなり、7年 余りで最長の下げとなる。

ICICI銀(ICICIBC IN)は323.50ルピー。マッコーリー ・グループが同行融資に対するデフォルト(債務不履行)リスクの高 まりを理由にICICI銀の株価目標を10%引き下げたことが響い た。インドステイト銀は954.70ルピー。スターライト(STLT IN)は316.80ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE