【コラム】AIG賞与めぐる大騒動の影に潜む単純な真実―Mルイス

米政府は昨年9月に、保険大手 アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の救済を開始 した。政府がこれまでにつぎ込んだ額は1730億ドル(約16兆 4900億円)で、その大きな部分は住宅ローンや社債のデフォルト (債務不履行)に備える保険契約をAIGから購入していた銀行に流 れた。

ドイツ銀行やフランスのソシエテ・ジェネラルなど外国銀行もこ の資金を受け取ったし、ゴールドマン・サックス・グループやバンク オブ・アメリカなど米銀も受け取った。

米政府当局者は、元は税金だった資金を受け取った各社について の情報を国民の目から隠そうとしたが、米紙ニューヨーク・タイムズ のグレッチェン・モーゲンソン氏をはじめとした報道関係者が、これ を阻止したことは大いに褒められてよい。

結局、米納税者はAIGのギャンブルの賭け金を払わされた。賭 けに勝ったのはAIGではなくて、ゴールドマンやドイツ銀だった。 この信じがたい事実はしかし、政治家たちを全くと言っていいほど動 かさなかった。1730億ドルが金融機関に流れたことについては、こ れで良かったというのが米国の政治家の共通認識のようだ。

ところが、AIGが雇用契約に基づいて1億6500万ドルのボー ナスを支給したところ、政界全体が大騒ぎを始めた。大統領はボーナ スを取り返すと約束し、上院議員の1人はAIG社員が自殺をすべき だとまで極言した。

批判精神

政治家の批判精神が最後の一滴まで掻き立てられた様相だ。今ワ シントンで絶対に誰からも反対されない行動は、AIGのボーナスに ついてその倫理を問うことだろう。

ニューヨーク・タイムズのアンドルー・ロス・ソーキン氏以外は 誰も、次のABCに気付いていないようだ。A)AIGの従業員の大 半は、同社が冒したほぼ犯罪と言ってよいリスクとその結果を阻止す ることにおいて、一般国民と同じくらい無力だった。B)AIGの社 員のなかで最も価値のある人々は簡単に、同業他社に転職できる。 C)政府が価値のある社員をいじめ続ければ、彼らは当然AIGを去 り、AIGには価値の低い人材しか残らなくなる。この結果、AIG が納税者の金を返済できる可能性は低くなる。

そしてさらに、政府が出資した企業に対して雇用契約の破棄を命 じることができるとしたら、今後は誰も政府の出資企業で働こうとは しないだろう。つまり、政府が資金を注入したすべての銀行に悪影響 が及ぶ。

真実

AIGのエピソードから、今回の金融危機とその対策について、 次のような幾つかの真実が読み取れる。

1)政治的なプロセスでは巨額の数字はすべて同じに見える。あ る水準を超えると、金額はただの記号になってしまう。国民は1730 億ドルと1億6500万ドルの違いが分からなくなる。金額が小額でも 巨額の資金と同様の怒りを掻き立てることもある。むしろ、金額が大 きいほど抽象的になり、無視するのが容易かもしれない。

2)金融危機の進展とともに、道徳観はグロテスクなほど単純化 された。危機の始まりは混沌としている。ウォール街の金貸しも悪い が、借りた米国民も同じくらい悪い。何百万もの人間が借りるべきで なかった金を借りたわけだが、彼らはだまされたわけでも詐欺に遭っ たわけでもなく、もの欲しさと貪欲からそうした。稼ぎに見合わない ものを所有したいと望んだからだ。

しかし、税金が使われた途端に話は変わり、罪のない納税者が、 ウォール街の悪徳金貸しに食い物にされているという構図ができあが った。ネバダ州の砂漠の真ん中に100万ドル級の家を買い、そのロ ーンでデフォルトした男が突然、自分のデフォルトのせいで生じた問 題の整理に追われていたAIG社員に支払われたボーナスに怒る市民 になってしまう。

理解不可能

3)危機の根にある問題の複雑さが、政治がそれに知的に対処す ることを不可能にしている。物語が終わったとき、問題のボーナス1 億6500万ドルについてはわれわれ全員が、最後の1セントまで詳細 を知り尽くしその道徳性について確固たる見解を持つだろう。

一方、はるかに深刻な1730億ドルの支払いについては、永久に 理解できないのではないか。そのほぼ8%に相当する130億ドルを 受け取ったゴールドマンは、正当な支払いを受けたものだと公言して はばからない。さらに、AIGの破たんに備えたヘッジをしていたた め、支払われなくても別に困らなかったとしている。

ということは、少なくとも1社の市場参加者は、格付け「AA A」のAIGがつぶれてもおかしくない行動を取っていることを知っ ていたわけだ。AIGは救済されるに値しなかったと言える。もう1 つ分かるのは、ゴールドマンはAIGがつぶれても困らなかったとい うことだ。従って、AIGを救済する必要もなかった。

危機の始まり以来、私はなぜ政府が問題の根、つまり「買うべき でなかった家を買うために金を借りた個人」のレベルで対処する意志 と手段を持たないのかと不思議に思っていた。今は答えが分かったよ うな気がする。非常に簡単なことだ。すぐ隣に住んでいる誰か、救済 されるに値しない誰かに、少額の税金が与えられれば、国民はこれが 理解でき、怒り狂うだろう。兆レベルの金を、結局何をやっているの か誰もいまだに理解できないあいまい模糊(もこ)とした企業に投げ 与える方が、よっぽど無難だ。 (マイケル・ルイス)

(マイケル・ルイス氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラム ニス トです。このコラムの内容は、同氏自身の見解です)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE