OECD:中国の09年の成長予想を最低6%に下方修正の可能性

経済協力開発機構(OECD)の グリア事務総長は20日、北京で記者会見し、世界の景気下降が深刻化 する中で、2009年の中国の成長予想を最低で6%に下方修正する可能 性があることを明らかにした。

OECDは昨年11月時点で、09年の中国の経済成長を8%と予 想していた。同総長によると、OECDは3月31日に予想の修正値を 公表し、成長予想は6-7%となる見通し。

世界銀行は今週、中国の経済成長予想を6.5%に下方修正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE