日立・三菱電:ルネサス支援で増資500億円引き受け、月内に-日経

20日付の日本経済新聞は、日立製作 所と三菱電機が、共同出資の半導体会社ルネサステクノロジ支援で、約 500億円の増資を今月末までに引き受ける方針を固めた、と報じた。現 在の出資比率に応じ、日立が55%、三菱電が45%を引き受けるという。 取材源は明示していない。

日経は、DRAM専業のエルピーダメモリが業績悪化から取引先に 出資を要請している状況も引用し、財務体質が悪化している半導体業界 で今後、増資などの動きが広がる可能性がある、としている。

ルネサスは今期(2009年3月期)に会社設立以来の大幅な赤字に転 落する見込みで、資本不足を補うため日立と三菱電に支援を要請してい た。ルネサスの業績悪化は、設立元で株主でもある日立・三菱電の収益 に跳ね返る構図となっている。

--共同取材 中島三佳子  Editor:Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE