東京地検:小沢氏聴取は当面見送り、献金事件で監督責任立証難しく-

20日付の毎日新聞は、東京地検特捜部が、 西松建設による献金事件で民主党の小沢一郎代表の聴取を当面見送る方向で検 討を開始したもようだ、と報じた。監督責任の立証が難しいと判断したためと いう。

同紙によると特捜部は小沢氏が、西松側からの献金を認識していたかどう か確認するため、任意で事情聴取する予定だった。しかし、小沢氏が政治資金 収支報告書の虚偽記載に関わった具体的な証拠もないことなどから、見送る方 針という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE