ソニー・エリクソン:1-3月赤字へ-業界の出荷予想も下方修正

ソニーとスウェーデンのエリクソ ンとの携帯電話機合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニ ケーションズは20日、2009年1-3月(第1四半期)が税引き前で 最大3億9000万ユーロの赤字となることを明らかにした。業界全体の 今年の携帯電話出荷台数予想も下方修正した。

発表によると、損失にはリストラ関連の一時費用1000万-2000 万ユーロが含まれる。同四半期の粗利益率は前期比、前年同期比とも に低下するという。

同社は発表資料で「09年第1四半期の純売上高と純利益は、需要 の弱さに加え販売・流通経路での在庫調整により、引き続きマイナス となる」と説明した。同社は需要減退のなか3四半期連続で赤字を計 上、2000人以上の人員削減を進めている。

同社はこの日、今年の業界全体の携帯電話出荷台数が前年比で 10%以上減少するとの見通しを示した。従来は5%の減少を見込んで いた。

発表を受けて同社株は一時6.7%安の70.7クローナとなった。ス トックホルム時間午前9時35分(日本時間午後5時35分)現在は70.9 クローナ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE