コンテンツにスキップする

米国株(19日):反落、金融株に売り-米国債購入の効果を疑問視(2)

米国株式相場は反落。金融株が3 日ぶりに下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日の声明で 国債購入計画を明らかにしたが、市場参加者は景気浮揚効果を疑問視し ている。

金融のJPモルガン・チェースやモルガン・スタンレー、ゴール ドマン・サックス・グループはいずれも下落。保険大手プルデンシャ ル・ファイナンシャルは25%急落した。米格付け会社ムーディーズ・ インベスターズ・サービスが投資損を理由にプルデンシャルの優先債を 格下げしたのが売り材料だった。ソフトウエアのオラクルは四半期業績 と初の配当が好感され上昇、テクノロジー株の上げをけん引した。

S&P500種株価指数は前日比1.3%安の784.04。ダウ工業株30 種平均は85.78ドル(1.2%)安の7400.80ドル。ラッセル2000指数 は1.1%下落し413.26。MSCI世界指数は1.5%高の800.65だった。 同指数は2006年以来で最長の8日連続高となっている。

フェデレーテッド・インベスターズのローレンス・クリーチュラ 氏は「政府は国債を発行する一方で、ドルを印刷し、国債を買う。こん ないんちきを世界の投資家が見過ごすことはないだろう」と語った。

金融株

JPモルガンは8%安、モルガン・スタンレーは13%下落した。 ゴールドマンは5.7%安で終了した。

プルデンシャルのほか、同業のリンカーン・ナショナルも売られ た。いずれの銘柄もS&P500種のうち値下がり率でトップ5位以内だ った。

S&P500種のテクノロジー株価指数は0.4%高。オラクルは

9.7%上げた。同社が発表した12-2月(第3四半期)は、一部項目を 除いたベースで1株当たり利益がブルームバーグのまとめたアナリスト 予想平均を11%上回った。

航空株は下落した。国際航空運送協会(IATA)が世界的なリ セッション(景気後退)の影響で旅行需要が減少するなか、2009年の 世界の航空業界全体の損失が従来予想の25億ドルより拡大する可能性 があるとの見通しを示したのが背景。

ユナイテッド航空の親会社UALやアメリカン航空親会社のAM Rはいずれも売られた。

エネルギー株

S&P500種エネルギー株価指数に採用されている銘柄も上昇。米 金融当局の景気対策で、インフレヘッジとしての商品需要を喚起すると の見方が広がり、ニューヨーク原油先物相場は反発した。シェブロンや ヘスはいずれも高い。

ロイター・ジェフリーズCRB指数が採用する商品19銘柄はいず れも上昇。外国為替市場ではドルが下落した。

午前に発表された14日に終わった1週間の新規失業保険申請件数 (季節調整済み)は、前週比1万2000件減の64万6000件となった。 60万件を上回る申請件数は7週連続と、1982年以降で最悪。7日に終 わった1週間の継続受給者数は547万3000人と過去最多を記録した。

フィラデルフィア連銀が発表した3月の同地区製造業景況指数は マイナス35、過去16カ月間のうち15カ月間でマイナスだった。同指 数のゼロは景気拡大と縮小の境目を示す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE