3月フィラデルフィア連銀景況指数:マイナス35、雇用は過去最低

米フィラデルフィア連銀が19日 に発表した3月の同地区製造業景況指数はマイナス35と、前月のマイ ナス41.3からは改善したが、依然として6カ月連続でマイナスを記録 した。同指数でゼロは景気拡大と縮小の境目を示す。ブルームバーグ・ ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央値はマイナス39だっ た。

雇用指数はマイナス52と、1968年の統計集計開始以来の最低を記 録した。前月はマイナス45.8だった。新規受注はマイナス40.7と、 1980年7月以来の低水準に落ち込んだ。

仕入れ価格指数はマイナス31.3と、集計開始以来の最低。販売価 格はマイナス32.6だった。製造業者は販売低迷で、価格決定力を失い つつあることが示唆された。

今後6カ月の予想指数は14.5と、前月の15.9から低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE