香港株(19日):続伸-不動産決算や香港金利据え置きで持ち直す

香港株式相場は続伸。不動産会社 サイノ・ランド(83 HK)の増益決算や香港の金利据え置きをきっかけ に一時の下げから持ち直して引けた。

サイノ・ランドは3.5%高。同業のニューワールド・デベロップ メント(新世界発展、17 HK)も6.1%上げた。米金融当局の量的緩和 でドルが下落するとの観測から金が買われ、中国の産金大手、紫金礦 業(2899 HK)は9.3%高と急伸した。

CCBインターナショナル・セキュリティーズのエグゼクティブ ディレクター、エイドリアン・ガン氏は「香港の住宅市場を見ると、 ファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は依然として堅調だ。金利は今 後下がるだろう。住宅需要はかなり強いと思う」と話した。

ハンセン指数は前日比13.75ポイント(0.1%)高の13130.92で 終了。一時は1.3%安となっていた。ハンセン中国企業株(H株)指 数は前日比1.3%高の7731.43。

サイノ・ランドは6.86香港ドル。ニューワールドは7.49香港ド ル。紫金礦業は5.05香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE