トヨタ:09年度の採用計画は1400人-08年度実績から半減(3)

自動車販売で世界1位のトヨタ自 動車は19日、来年春に入社する新卒社員などをはじめとする2009年 度の採用者数を08年度に比べほぼ半減の1400人にすると発表した。

採用者数としては1995年度実績988人以来の低水準となる。ト ヨタでは09年度の採用計画について、自動車産業を取り巻く世界的な 環境変化の下、スリムな企業体質への再構築の一環としている。

09年度採用計画の内訳は、大学・高専卒を対象とした「事務職」 が100人(08年度実績228人)、大学・高専卒対象の「技術職」が 380人(同916人)、大学・短大卒などを対象に転勤がない業務を行 う「業務職」が100人(同233人)、高校卒が主体の生産ラインで働 く「技能職」が500人(同998人)などとなっている。

08年度は中途採用や期間従業員の正社員登用があったが、今回発 表の採用計画には含まれていない。08年度の中途採用や期間従業員の 正社員登用を除いたベースでの採用者数(トヨタ工業学園入学者を含 む)は2733人だった。

トヨタの株価は前日比55円(1.8%)安の2975円(午後2時3 分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE