世界のヘッジファンド:2月の資金流出は250億ドル-7カ月連続

シンガポールの調査会社ユーレカヘ ッジによると、2月のヘッジファンドからの資金流出は203億ドル(約 2兆4000億円)に上った。景気後退で世界的な株安となる中、7カ月連 続の流出となった。総資産は1兆3600億ドル(約130兆円)で、2008 年6月のピーク時から約6000億ドル減った。

16日までに71%のヘッジファンドによる報告内容を集計した結果、 2月のユーレカヘッジ・ヘッジファンド指数は0.8%下落にとどまった。 MSCI世界指数(1680銘柄で構成)が前月比10.5%下落、ロイター・ ジェフリーズCRB指数が4%下落した。

ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパン(UMJ)のローリー・ ケネディ取締役は、地域的にも世界的にもヘッジファンドの規模が縮小 し、影響力も弱まる中、長期的にヘッジファンドへの投資を続けている 機関投資家は、「市場の動きと相関のない収益を得られるだろう」と指 摘した。

2月に投資家がヘッジファンドに追加投資したのは47億ドル、償還 は250億ドルで、差し引き203億ドルが流出した。運用損失は115億ド ルで、運用収益は71億ドルだった。

ユーレカでは、「特に3月末に資金凍結条件が切れるファンド、最 近まで償還を停止していたファンド、資金流出を制御していたファン ド」などで、今後、数カ月間は資金流出が続くと予想している。

-- Editors: Kazu Hirano, Takashi Ueno

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 伊藤 小巻 Komaki Ito +813-3201-8871 kito@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Andreea Papuc +852-2977-6641 apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE