「侍ジャパン」5-0キューバ、青木2打点で準決勝へ-試合終了(4)

野球の国・地域別対抗戦ワールド・ ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド1組は18日、米サン ディエゴ(カリフォルニア州)で準決勝進出をかけて初代王者の日本「侍 ジャパン」とキューバが対決、5-0で日本が勝った。

ともに敗者復活戦で4強入りをかけており先発投手は日本が岩隈、 キューバはマヤ。日本は4回表に青木、稲葉とヒットが続き、小笠原の センターフライを外野手セスペデスが失策、この間に2者が生還した。

5回には四球で出塁した岩村を、青木が適時打で還した。7回には 四球で出た岩村が中島のレフトへの犠牲フライでホームを踏んだ。さら に9回には三塁打で出塁したイチローを青木が適時打で還した。

岩隈は6回まで、マウンドを引き継いだ杉内もキューバ打線を完璧 に抑えた。キューバはマヤからY.ゴンザレス、ヒメネス、N.ゴンザ レス、ガルシア、ベタンコートと継投した。

日本は19日、すでに準決勝進出を決めている韓国と1組1位決定戦 を戦う。韓国と戦うのは今回のWBCで4回目。勝てば米国と22日に、 負ければベネズエラと21日に準決勝を戦う。キューバはWBC敗退。

第2ラウンド2組はマイアミ(フロリダ州)で18日、2組1位決定 戦があり、ベネズエラ10-6米国とベネズエラが勝った。決勝戦は23 日に予定されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE