東京外為:ドルが安値圏でもみ合い、金利急低下で売り先行-先安観強い

午前の東京外国為替市場ではド ルが安値圏でもみ合った。米連邦公開市場委員会(FOMC)が長期 国債の購入を発表し、米長期金利が急低下したことを受け、朝方はド ル売りが先行。日本の3連休を前にその後は売りも一服しているが、 金融緩和の拡大でドル先安観が強まるなか、ドルの上値は重い。

ドルは対ユーロで一時、1ユーロ=1.3535ドルまで下落し、1 月9日以来の安値を更新。その後は1.34ドル台前半まで下げ幅を縮 めているが、1.34ドル前半ではドルの戻り売り意欲が強い。

住友信託銀行マーケティングユニットの松本三郎チーム長は、F OMCの長期国債の購入がドルの大量供給につながるとの見込みから 「ここ1カ月程度続いていたレバレッジ解消やレパトリエーション (自国への資金回帰)に伴うドル買い戻しの圧力が緩和し、ドルが急 低下している」と説明。その上で、中長期的にはFRBのバランスシ ート膨張でドルの信認低下がドル売り材料として意識される可能性も あるとしている。

ドル・円も一時、1週間前に付けたドル安値に並ぶ1ドル=95 円67銭までドル売り・円買いが進行。しかし、日本経済の急減速や 経常収支の赤字化など円の弱気材料が多いなか、ユーロなどドル以外 の通貨に対して円は軟調で、対ドルでも円は次第に伸び悩んだ。

FRB、最大3000億ドルの長期国債購入へ

米連邦準備制度理事会(FRB)は17、18の両日に開いたFO MC会合で、「民間信用市場の状況改善を支援するため、今後6カ月 で期間の長い国債を最大3000億ドル買い取る」ことを決定。また、 住宅ローン担保証券(MBS)や機関債の購入拡大も発表し、フェデ ラルファンド(FF)金利の誘導目標は0-0.25%の範囲に据え置 いた。

FOMCの発表を受け、18日の米国債相場は急伸し、米10年 債利回りは前日の3.01%から一時2.47%まで急低下。一方、米国 株は上昇し、S&P500種株価指数は1カ月ぶり高値を記録した。

一方、外国為替市場ではドルが急落し、主要6通貨に対するイン ターコンチネンタル取引所(ICE)のドル・インデックスは一時、 前日比3.4%安の83.96と1月28日以来の水準まで低下。米長期 金利の低下に加え、株価の上昇でこれまで金融不安を背景に相対的に 安全な通貨として選好されていたドルの買い持ち高を解消する動きも 強まった。

松本氏は、きょうのアジア・欧州市場では引き続きFOMCの結 果を消化する動きが見込まれ、ドルは弱含みで推移すると予想。一方、 政治混乱や一段の景気悪化の可能性など日本のマイナス材料が多いな か、「円の選好志向は非常に弱い」といい、「国債買い取りについて は日本も採用しているし、さらなる円高は想定していない」と語る。

--共同取材: 曽宮一恵 Editor:Tetsuzo Ushiroyama,Norihiko Kosaka

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Nicholas Reynolds

+81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE