米スターバックスのCEO:コーヒー4ドルは「神話」、見当違い

世界最大のコーヒー店チェーン、 米スターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は 18日、コーヒー専門企業としての権威を守るため、マーケティングの 拡充を計画していることを明らかにした。同社は米国で、世界最大の 外食店チェーン、マクドナルドや、ドーナツ店チェーンのダンキンド ーナツとしのぎを削っている。

シュルツCEOはシアトルで開催した年次株主総会で、スターバ ックスが改善した機器をテストしており、約4000店舗に新規のエスプ レッソ・マシーンを設置していると報告。コーヒー生豆生産農家を支 援する「フェアトレード」(公正な取引・貿易)を通じて購入した商品 の販売を推進していると述べた。

シュルツCEOは「コーヒーを販売している企業の多くは優位を 主張しているが、これらの企業はコーヒーの焙煎業者ではない」と指 摘し、「わが社は何よりもまずコーヒーを販売する会社だ。その証拠は 1杯1杯のコーヒーの中にあるはずだ」と語った。

スターバックスはこれまで、消費者が高級ブランドのコーヒーを 割高な値段でも進んで購入していると主張し、値下げに対して消極的 だった。シュルツCEOは、消費者が支出を削減するなか、同社のコ ーヒーが高級品であるとの認識と格闘している。

シュルツCEOは株主らに対し、飲み物のメニューの半数以上が 3ドルを下回り、3分の1は2ドルより安いと述べた。

シュルツCEOは「スターバックスでは1杯4ドルのコーヒーが 販売されているという神話は見当違いであると主張する必要がある」 とした上で、「そんなことはない。スターバックスは、人気の高かった 『トリート・レシート』プログラムを再び始める計画だ。このプログ ラムでは、その日の朝コーヒーを買ったレシートを示せば午後に割引 が受けられる」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Courtney Dentch in New York at +1-212-617-8723 or cdentch1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jennifer Sondag at +1-212-617-2716 or jsondag@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE