日銀:短期国債買い入れ5000億円を実施、2年7カ月ぶりに増額

日本銀行は19日午前、国庫短期 証券(TB)買い入れオペを前回より1000億円多い5000億円で実施 した。短期国債の買い入れが増額されるのは約2年7カ月ぶり。TB は発行増加に伴う需給悪化が懸念されている。

日銀は2006年8月に毎週の短国買い入れ額を5000億円に引き上 げたことがあるが、同年9月以降は1回4000億円で実施されていた。 日銀は前日の金融政策決定会合で中長期国債の買い入れ増額も決めて おり、この日から拡大実施している。

新発TB3カ月物利回りは前日比0.5ベーシスポイント低下の

0.255%で取引されているが、朝方に投資家の買いが入った影響とみ られ、オペ増額に対する相場の反応は見られない。東短リサーチの寺 田寿明研究員は、「1000億円の増額では影響は小さいとの見方では ないか」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE