インド:今年度成長率、政府見通し下回る恐れ-財務省アドバイザー

インド財務省のチーフ経済アドバ イザー、アルビンド・ビルマニ氏が17日明らかにしたところによる と、同国は穀物の収穫が予想に届かなければ、今会計年度(2008年 4月-09年3月)の成長率見通し7.1%の達成はできない可能性があ る。

昨年10-12月期のインドの農業生産は前年同期比2.2%減少し、 同国農業省は09年6月までの1年間の穀物生産を前年比1.3%減の 2億2790万トンと予想している。

ビルマニ氏はニューデリーでインタビューに応じ、「農業生産の伸 びが2.6%の予想を下回ることになれば、今会計年度の国内総生産(G DP)の伸び率見通しを修正する必要があるだろう」と述べた。

世界経済を見舞った大恐慌以来で最悪の金融危機の影響で需要が 低下し、インド経済は悪化している。収穫が不調なら、既に6年ぶり 低水準となっている成長率が一段と鈍化する恐れがある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE