米ファニーメイの慰留ボーナスは妥当-ロックハート連邦住宅金融局長

米連邦住宅金融局(FHFA)の ロックハート局長は18日、昨年政府管理下に置かれたファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)が幹部慰留のために支給決定した1人当たり約 100万ドルのボーナスについて、同社支援に振り向けた国民の税金を 無駄にしないために必要との見方を示した。

ロックハート局長はワシントンで講演後、慰留ボーナスは「妥当 であり、良く練られた計画だ」と指摘。昨年9月にファニーとフレデ ィマック(連邦住宅貸付抵当公社)が公的管理下に置かれた時には、 従業員引き留めが両社の死活問題だったと説明した。

ファニーは2008年、経営幹部6人中4人に計440万ドルの慰留ボ ーナス支給を決定。支払いは段階的に実施され、来年2月に完了する。 証券取引委員会(SEC)への届出資料で2月26日に明らかにした。

米議会は17日、公的管理下で再建中の保険大手アメリカン・イン ターナショナル・グループ(AIG)の幹部ボーナス抑制に向け、複数 の法案を用意。同社が1730億ドルの公的支援を受けながら、1億6500 万ドル超のボーナスを支払っていたことに対する国民の不満に対応し た。

-- Editor: Larry Liebert, Jim O’Connell

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Dawn Kopecki in Washington at +1-202-624-1915 or dkopecki@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE