米オラクルの12-2月期:市場予想上回る利益-初の配当を計画

世界2位のソフトウエアメーカー、米オラ クルが18日発表した2008年12月-09年2月(第3四半期)決算は、サポート 契約の業績が受注鈍化を補う形となり、利益がアナリスト予想を上回った。同社 はまた、初めて配当を実施することも明らかにした。これを受けて株価は時間外 取引で一時6.8%高となった。

純利益は前年同期比ほぼ横ばいの13億3000万ドル(1株当たり26セン ト)。1株利益は一部項目を除いたベースで35セントと、ブルームバーグがま とめたアナリスト予想平均(32セント)を上回った。

オラクルの株価は時間外取引で1.07ドル高の16.90ドル。通常取引終値は

15.83ドルだった。

四半期配当は1株当たり5セントの見通しで、配当支払日は5月8日の予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE