NY金:大幅安で引け後、値を戻す-FOMCの国債購入決定で

ニューヨーク金先物相場は引 け後に反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)が国債買い取りを決 定し、住宅ローン担保証券と機関債の購入拡大を発表したことで、イ ンフレ加速への懸念が再燃した。FOMCの発表前、金はここ2カ月 で最大の値下がりとなっていた。

アルタベスト・ワールドワイド・トレーディング(カリフォル ニア州ミッションビエホ)の商品アナリスト、トム・ハートマン氏は 「FRBは国債を購入するために紙幣を印刷している。これによりイ ンフレ懸念が再燃した。金相場の反発はそのためだ」と語った。

ニューヨーク時間午後2時42分現在、ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は1オンス=924 ドル。FOMC声明発表前には、前日比27.70ドル(3%)安の1 オンス=889.10ドルで終了していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE