NY原油(18日):反落、在庫が予想以上に増加-終値48.14ドル

ニューヨーク原油先物相場は反落。 米エネルギーが発表した週間在庫統計で原油在庫が予想以上に増加した ことを嫌気し、売りが出た。

原油在庫は前週比194万バレル増の3億5330万バレル。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想の中央値は150万バレル増だ った。ガソリンと留出油の在庫も増加した。

マッコーリー・フューチャーUSAの世界エネルギー先物担当シニ ア・バイス・プレジデント、ノーマン・バラカット氏(ニューヨーク在 勤)は「この統計には相場の支援材料となるようなものは何もない」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日比

1.02ドル(2.1%)安の1バレル=48.14ドルで終えた。米連邦公開市 場委員会(FOMC)が3000億ドルの米国債購入に加え、住宅ローン担 保証券(MBS)や機関債の購入拡大を決定したものの、原油相場の直 後の反応は乏しかった。

原題:Oil Falls After U.S. Reports Supplies Rose More

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE