欧州株:続落、原油・金属安で資源株に売り-英失業者急増も懸念材料

欧州株式相場は続落。原油・金 属相場の下落を背景に資源株が売られた。また、英国の失業者数が少 なくとも1971年以来で最大の増加となったことも材料視された。

英豪系鉱山会社リオ・ティントは6.8%安。銅相場が下落したの に加え、オーストラリア議会が中国国営のチャイナルコによる195億 ドル相当のリオ・ティントへの投資を承認しないとの観測が強まった ことが売りにながった。

英蘭系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルは、退職年金が2008 年に積み立て不足となったことが嫌気され、3.3%下げた。ドイツの BMWを中心に自動車株も安い。

ダウ欧州株価指数は前日比0.8%安の170.76で終了。9日以来の 上昇率は8.1%に縮小した。

アジリ・ジェスションのファンドマネジャー、アルノー・スカル パチ氏は「原油価格を注意深く注目する必要がある。警戒を保つのが 最良だ」と語った。

18日の西欧市場では、18市場中10市場で主要株価指数が低下し た。ダウ・ユーロ50種株価指数は前日比0.3%高となった一方、ダ ウ・欧州50種株価指数は0.8%下げた。

英政府統計局(ONS)は18日、2月の英失業者数が失業手当 申請ベースで前月比13万8400人増の139万人となったと発表した。

資源株

この日の資源株は3.3%下げ、ダウ欧州株価指数の19産業グルー プのなかで最大の下げを記録。世界最大の銅消費国である中国が購入 を減らしているとの兆候を背景に、ロンドン市場の銅相場が下落した ことがきっかけとなった。

BMWは2.4%下げた。独ダイムラーは1.1%安、フランスのプ ジョーシトロエングループ(PSA)は1.4%下落した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比52.11ポイント(1.4%)安の3804.99。 FTオールシェア指数は23.69ポイント(1.2%)下げ1923.11。

ドイツのDAX指数は8.55ポイント(0.2%)高の3996.32。H DAX指数は1.42ポイント(0.1%)上げ1978.44。

フランスのCAC40指数は6.94ポイント(0.3%)低下し

2760.34で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE