ヘッジファンドの15%が姿を消す、08年は記録的な損失-HFR(2)

調査会社ヘッジファンド・リサ ーチ(HFR)によると、ヘッジファンド業界は2008年に記録的な 損失を出し、清算に追い込まれたファンドの数は過去最多に上った。

HFRによると、同年には全世界で業界全体の約15%に相当す る1471本のファンドが閉鎖された。閉鎖ファンド数は今までの最大 だった05年の848本を70%上回った。08年10-12月(第4四半 期)に閉鎖されたファンドは778本だった。

HFRによれば、ヘッジファンドの昨年の運用成績は平均でマ イナス19%と、同社が集計を開始した1990年以来で最悪だった。ま たモルガン・スタンレーによると、顧客資産は6月のピークから 37%減少し1兆2000億ドルとなった。

閉鎖に追い込まれたファンドには、米資産運用会社ブラックロ ックの元幹部が始めたものや米ゴールドマン・サックス・グループ の元パートナーが創業したものもあった。

一方、HFRによると、昨年設立されたファンドの数は659本 と、2000年の328本以来で最低だった。新ファンドには06年に巨額 損失を出して破たんしたヘッジファンド、アマランス・アドバイザ ーズを創業したニコラス・マオウニス氏の新ファンドなどが含まれ る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE