米コカ・コーラ、中国匯源果汁集団の買収を断念-23億ドル規模(2)

中国商務省は18日、清涼飲料最 大手の米コカ・コーラによる中国ジュースメーカー大手、中国匯源果汁 集団の買収を承認しないと発表した。商務省は同買収が実現した場合、 国内飲料市場の競争に「悪影響」を及ぼす恐れがあると説明した。コカ ・コーラの提示額は23億ドル(約2270億円)だった。

商務省はウェブサイトに掲載した声明で、コカ・コーラは炭酸飲料 市場での「主導的な地位」を利用して価格を押し上げたり消費者の選択 の幅を狭めたりする恐れがあったと指摘した。

香港上場の中国匯源果汁集団株は上場来最大の19%安を記録、そ の後、取引が中止された。

コカ・コーラは電子メールを通じ、買収計画を断念すると表明し た。ムフタル・ケント最高経営責任者(CEO)はこの中で「失望した が、商務省の決定を尊重する」とコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE