人民元:先物1年物5日続伸-ドル安で当局が元安誘導控えるとの観測

中国の外国為替取引では、1年 物の人民元先物(ノン・デリバラブル・フォワード、NDF)が5営 業日続伸し、元先安観の後退を示唆した。ドルの下落を受け、輸出企 業のリセッション(景気後退)乗り切りに向けた元安誘導を中国当局 が控えるとの観測が広がった。

中国人民銀行はこの日、元の中心レートを一段の元高・ドル安 水準に設定。主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は 17日、3週間ぶりの低水準で終了していた。

BNPパリバの上級エコノミスト、アイザック・メン氏(北京 在勤)は「オフショア市場での元上昇は、他の通貨に対するドル下落 によるものだ」と指摘。「トレーダーらも、中国当局が元を押し下げ る可能性がほとんどないと認識している。当局は短期的に、元相場を ほぼ一定の水準で維持するだろう」と述べた。

ブルームバーグのデータによれば、18日の1年物NDFの水準 は、1年後の元相場が1.3%下落し1ドル=6.9250元になることを 示唆している。前日は6.9270元と、さらに元安・ドル高水準になる との予想を織り込んでいた。元の現物取引は上海時間午後5時半(日 本時間同6時半)現在、1ドル=6.8347元。前日は6.8372元だっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE