日本と中国、韓国、台湾の企業は借り換えリスク大きい-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティ ングスは18日、中国と日本、韓国、台湾の企業がアジア太平洋の他 地域より大きな借り換えリスクに直面しているとの認識を示した。銀 行融資に「依存し過ぎている」ためとしている。

フィッチはリポートで、同社が格付けしているアジア太平洋地 域の145社の約半分が、返済期限を来年迎える債務に対応するため、 「特に銀行との良好で継続的な関係に依存している」と指摘した。

2012年末までに返済期限を迎える格付けを付与されたアジア太 平洋地域の企業債務7300億ドル(約72兆円)のうち、銀行融資の 割合は45%。これに対し欧州とアフリカでは38%だという。

フィッチは、「融資枠契約外の短期借り入れへのこうした依存が アジア企業の潜在的な弱点であるのは明らかだ。財務が悪化した場合、 融資枠契約外での短期の銀行融資は削減されたり、必要なときに金利 が突然高くなる可能性があるからだ」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE