ECB総裁:当局は一段の措置の必要性検討中-1.5%最低と決めてない

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ 総裁は18日、同中銀は景気回復に向けて一段の措置が必要かどうかを検 討していると発言した。また、現行の1.5%が政策金利の下限だと決め てはいないと述べた。

同総裁はまた、欧州市場の6カ月物と1年物の金利は米国よりも低 いと指摘した。同総裁はラジオ局ヨーロッパ1とのインタビューで語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE