中国の鉄鋼輸出:09年は80%減少か-中国鉄鋼工業協会(2)

中国鉄鋼工業協会(CISA)は 18日発表した文書で、同国の2009年の鉄鋼輸出が80%減少する可能 性があるとの見方を示した。世界的なリセッション(景気後退)によ り中国の在庫が増加していることを理由として挙げている。中国は世 界最大の鉄鋼生産国。

CISAの単尚華事務局長はウェブサイトに掲載した文書で「輸 出の状況は非常に厳しい」との見方を示した。従来予想では50%減を 見込んでいた。

中国の鉄鋼輸出は1-2月に52%急減した。CISAの見通しは、 中国の輸出がさらに悪化する可能性を示唆している。中国国内の指標 となる鉄鋼価格が2月以降、14%下落していることも中国の鉄鋼メー カーにとって打撃となっており、多くの企業が損失を出している。

単事務局長は「取引会社の在庫積み増しにけん引された鉄鋼市場 の活況は短期間しか続かなかった」とし、生産を鈍化させるため「鉄 鋼メーカーは合理的な手段を講じるべきだ」との見方を示した。

単事務局長によると、中国の主要20都市の鉄鋼在庫は1月から2 月末までに38%増加し670万トンとなった。

マルコム・サウスウッド氏率いるゴールドマン・サックスJBウ ェアのアナリストらは17日付リポートで「現時点では今年の中国の粗 鋼生産の伸びはゼロと予想している」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE