AIGに注がれた公的資金、ヘッジファンドにも流れる見込み-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は18日、米保険大手アメリカン・イン ターナショナル・グループ(AIG)に米政府が注入した公的資金の 一部はヘッジファンドに流れる見込みだと報じた。ヘッジファンドが 米住宅価格下落を予想して投資していたためだという。事情に詳しい 複数の関係者の話と同紙が検証した文書を基に伝えた。

同紙によれば、AIGは住宅ローンのデフォルト(債務不履行) が一定水準に達した場合に支払い義務が生じる商品をヘッジファ ンドなどの投資家に販売していた。AIGは支払いに備えた資金を ドイツ銀行などの口座に預けており、一部の支払いはこれらの銀行 を通じて行われるという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Kraus at +44-20-3216-4827 or jkraus2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE