米財務長官:AIGの事業縮小ペースを加速も-議会あて書簡(3)

ガイトナー米財務長官は米議会 指導部あて書簡で、公的資金の注入を受けた米保険大手アメリカン・ インターナショナル・グループ(AIG)が同社幹部にボーナスを支 給した問題について、納税者の金がこのボーナスのために使われるこ とがないようにすると明言した。また、AIGの事業縮小のスピード を加速させる可能性を示唆した。

ガイトナー長官はペロシ米下院議長(民主、カリフォルニア州) やリード上院院内総務(民主、ネバダ州)など議会指導部にあてた書 簡で、「われわれは、納税者の損失を最小限にとどめ、米金融システ ムへのシステミック・リスクを減らせるようなAIG問題の解決を目 指し、積極的な努力を続ける」と述べた。

既に始まっているAIGの事業再編については、「事業縮小プ ロセスの加速に向け、信頼できるあらゆる方法を探る」と表明した。

ガイトナー長官は、AIGが今週、幹部社員に総額1億6500万 ドル(約162億円)を支給した問題などで議会から責任を追及され ていた。AIGは、2日に発表された最大300億ドルの追加資本注 入など、昨年9月以来、計約1700億ドルの政府支援を受けている。

同長官は財務省が発表した17日付の同書簡で、「われわれはA IGに対し、支給したボーナスと同額を財務省に支払うと書面で確約 するよう求めるつもりだ」とした上で、「さらにわれわれは、ボーナ スと同額を、支援した300億ドルから差し引くことになろう」と述 べた。

司法省と協議

ガイトナー長官は「われわれは現在司法省と、支給された従業員 慰留のためのボーナスの回収に向けどのような方法が活用できるかを 話し合っている」としている。

ガイトナー長官は、AIGのリディ会長兼最高経営責任者(CE O)を支持すると述べるとともに、同会長への批判は「正当ではな い」と指摘。「リディ会長がいる限り、われわれは秩序立った方法で AIGの事業を縮小させる手段をともに検討することができ、納税者 の利益を守れるだろう」と説明した。

ガイトナー長官は、政府はAIGが今週支給した賞与の一部の回 収に努めているとした。AIGは賞与支給について契約上やむを得な かったと説明。同長官は書簡で、財務省の弁護士も支給を止めるのは 「法的に難しい」との見解を示したと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE