郵船など加盟の太平洋航路安定化協定:コンテナ運賃引き上げを計画

日本郵船や川崎汽船など国内外の 海運14社が加盟する太平洋航路安定化協定(TSA)は18日、40フ ィートコンテナ当たり500-600ドルの運賃水準の引き上げを図ると発 表した。メンバー各社は荷主と、今年から来年にかけての運賃水準の改 定交渉を行う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE