訂正:英豪リオのチャイナルコへの資産売却:豪上院の調査で採決へ

オーストラリア議会は、国外から 同国向け投資の関連法に関する調査実施の是非について採決を行う可 能性がある。英豪系リオ・ティントは鉱山の権益など195億ドル(約 1兆9000億円)相当を中国国営のチャイナルコに売却することを計画 しており、豪州の投資家からの批判が強まっている。

オーストラリア緑の党のボブ・ブラウン上院議員は17日の議会で、 上院経済委員会は現行法で国益を保護できるかどうか調査すべきであ るとの見解を示した。ブラウン議員の提案に関する採決は同日中に行 われる予定。

豪州の外国投資審議委員会は16日、チャイナルコによるリオへの 出資案の審査期間を90日間延長した。議会が調査実施を決定すれば出 資案の承認が遅れる可能性がある。

オーストラリアン・ファンデーション・インベストメントのマネ ジングディレクター、ロス・バーカー氏は、リオがチャイナルコに「重 大な影響」を及ぼす可能性があり、合意内容を修正するはずだとの見 方を示した。野党のバーナビー・ジョイス上院議員は「豪州企業を豪 州の手に」をテーマにキャンペーンを開始した。

米JPモルガン・チェース傘下のオード・ミネットのアナリスト、 ピーター・アーデン氏(メルボルン在勤)は「かなり強い圧力がかか っている」と指摘。「大きな政治論争の種になれば、しばらくの間、議 論が続く可能性がある」との見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE