ソニー:期末配当予想を12円50銭に減額-業績悪化で20円から(3)

家電世界2位ソニーは18日、業績 悪化を理由に、今期(09年3月期)の期末配当予想を1株当たり12円 50銭と、従来の同20円から減額すると発表した。

下方修正後も年間配当は42円50銭と、前期実績25円からは増配 となる。ただ、今期の中間配当30円の中には、前期に過去最高の純利 益を達成したことに伴う記念配10円が含まれていた。

1月の業績修正を経た現行の今期純損益見通しは1500億円の赤字。 投資助言会社GCSAMの佐藤博最高投資責任者は、期末を「無配にし ていれば投資家の業績懸念が増していた」と指摘。配当実施で「ソニー は大丈夫だと対外的に示しているのだろう」と述べている。

ソニー株価の終値は、前日比8円(0.4%)高の1991円。

--共同取材 近藤雅岐  Editor:Kenshiro Okimoto,Yoshito Okubo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則   Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Masaki Kondo Hiroshi Sato

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE