欧州債:3日続落、予想外の独景況感の改善で-10年債利回り3.19%

欧州債相場は3営業日連続で下落。 3月の独景況感指数が予想に反して改善し、約2年ぶりの高水準となっ たことがきっかけとなった。

株式相場の上昇を受けて、独10年債利回りは5週間ぶり高水準に 近づいた。ドイツの欧州経済研究所センター(ZEW)は17日、3月 の景況感指数(期待指数)がマイナス3.5と前月のマイナス5.8から上 昇し、2007年7月以来の高水準になったと発表した。

INGグループの投資適格級債券ストラテジー責任者(アムステル ダム在勤)、パドライク・ガービー氏は、「ZEWの指数は予想よりも 良かった。これはリスク回避の後退と国債からの資金流出といった現在 の流れに一致するものだ」と説明した。

ロンドン時間午後6時11分現在、独10年債利回りは前日比5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し3.19%。2月12 日以来の高水準まで1bpに迫った。同国債(表面利率3.75%、2019 年1月償還)価格は前日比0.39ポイント下げ104.63。独2年債利回り は1.41%と、前日を6bp上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE