クルーグマン教授:欧米景気対策、GDPの4%必要-現政策は不十分

米プリンストン大学のポール・ クルーグマン教授は17日、欧米の景気対策は国内総生産(GDP) の約4%に相当する規模であるべきだとの見解を示した。同教授はノ ーベル経済学賞の受賞者。

クルーグマン教授はブリュッセルで記者会見し、「わたしの計算 では、欧米の景気刺激策は最大時で年間GDPの4%相当が必要だ。 米国の危機への対応策は十分ではなく、欧州の対策は米国の半分をさ らに若干下回る」と指摘。「これは十分ではない。われわれは本物の 脅威に直面している」と訴えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE