人民元:先物1年物が4日続伸-中心レートが約1カ月ぶり元高水準

中国の外国為替取引では、1年 物の人民元先物(ノン・デリバラブル・フォワード、NDF)が4営 業日続伸し、元先安観の後退を示唆した。中国人民銀行がこの日の元 の中心レートを約1カ月ぶりの元高・ドル安水準に設定したことなど が背景にある。中心レートはユーロや韓国ウォンに対するドル下落を 反映した。

今週は、円を除くアジアの主要10通貨すべてがドルに対し上昇 している。人民銀は17日、元の中心レートを1ドル=6.8327元と、 2月12日以来の元高水準に設定。元相場安定を望む意向を示唆した。

フォーキャストのエコノミスト、ダニエル・ソウ氏(シンガポ ール在勤)は「ドルに対する強気センチメントの後退で、オフショア 投資家は利益確定に動いている」と指摘。また、「元の中心レートに は、貿易黒字の大幅な縮小にもかかわらず、元の下落を回避しようと する当局の決意が表れている」との見方を示した。

ブルームバーグのデータによれば、17日の1年物NDFの水準 は、1年後の元相場が1.3%下落し1ドル=6.9275元になることを 示唆している。前日は6.9345元と、さらに元安・ドル高水準になる との予想を織り込んでいた。元の現物取引は上海時間午後5時半(日 本時間同6時半)現在、1ドル=6.8372元。前日は6.8381元だっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE