香港株(終了):6日ぶり反落、不動産株安い-銀行株は上昇

香港株式相場は6営業日ぶりに反 落。不動産株が下げを主導した。一方、銀行株は上昇。

中国建設省系の不動産会社、中国海外発展(688 HK)が6.8%安。 ドイツ銀行がリポートで、北京のオフィス空室率が上昇していると警 告したことが売りを誘った。一方、英銀HSBCホールディングス(5 HK)はゴールドマン・サックス・グループの投資判断引き上げと業績 改善見通しを受けて2.9%上昇。

110億ドル相当を運用するRCMのマーク・コンイン最高経営責 任者(CEO)は「リスク意欲が若干高まってきたことを示す初期の 兆候はあるが、投資家の市場回帰が本物だと確信するにはまだ早い」 と話した。

ハンセン指数は前日比98.62ポイント(0.8%)安の12878.09 で終了。方向感のない展開のなかで1.9%高となる場面もあった。 ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.2%安の7508.08。

中国海外発展は12.30香港ドル。HSBCは41.15香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE