【5%ルール】米スティールP、スパークスA、オービスインベ

17日確認した大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。受け付けは各財務局。

スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファン ド:グループ企業のリバティ・スクェア・アセット・マネジメントの 保有分を合わせ、ハウス食品(2810)株式の保有比率を5.86%から

4.86%に減らした。

オービス・インベストメント・マネジメント・(ビー・ヴィー・ア イ)・リミテッド:グループ全体で伊藤忠テクノソリューションズ (4739)株式の保有比率を6.30%から7.97%に増やした。

光通信:ベンチャー・リンク(9609)株式の保有比率を10.00%に した。

ウィザス:アルク(2496)株式の保有比率を15.00%にした。

バンダイナムコゲームス:ディースリー(4311)株式の保有比率を

95.02%にした。

シスウェーブ(6636)は自社株の保有比率を5.01%にした。

ピクテ投信投資顧問:ウェザーニューズ(4825)株式の保有比率 を8.43%から7.17%に減らした。

マッケンジー・フィナンシャル・コーポレーション:グループ全 体でアサツー ディケイ(9747)株式の保有比率を5.51%から

4.48%に減らした。

ハピネット(7552)は自社株の保有比率を5.01%にした。

スパークス・アセット・マネジメント:東洋ゴム工業(5105)株 式の保有比率を6.71%から5.67%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE