アジア株:MSCI指数、3日続伸-政策期待広がる、HSBC高い

17日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数が3営業日続伸と、7週間ぶりの長期連続 高となった。オーストラリアの中央銀行が利下げを示唆したことや、 アジアを重視している英スタンダード・チャータード銀行が2009年は 力強い滑り出しとの認識を示したことが好感された。

豪小売り2位のウェスファーマーズが高い。オーストラリア準備 銀行は政策決定会合の議事録で一段の利下げ余地があるとの見方を示 した。欧州最大の銀行、英HSBCホールディングスも香港市場で上 昇。ゴールドマン・サックス・グループはHSBC株の投資判断を引 き上げた。スタンダード・チャータード銀行のピーター・サンズ最高 経営責任者(CEO)は、資本増強は不要だと述べた。

ベアリング・アセット・マネジメント(アジア)の香港在勤スト ラテジスト、キエム・ドゥ氏は「銀行の利益は改善している。大規模 な評価損計上はもう必要ない」と述べた上で、「各国政府は追加の景 気刺激策を準備しており、これが株式相場の支えとなるだろう」との 見方を示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時22分現在、前日比 2%高の77.78。ここ3営業日の上昇率は7.9%に達した。日経平均株 価は前日比244円98銭(3.2%)高の7949円13銭で終了した。韓国 では総合株価指数が3.4%高で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE