米検察当局、マドフ夫妻の資産1億ドル余り没収へ-巨額詐欺事件

米検察当局者によれば、巨額の 「ねずみ講」詐欺事件で有罪を認めたバーナード・マドフ被告と妻の ルース・マドフ氏は、所有する不動産や現金、債券、美術品、自動車、 船舶など1億ドル(約99億円)余りに相当する財産を没収されるこ とになる。

検察当局は裁判資料で、マドフ夫妻が保有するマンハッタン・ア ッパーイーストサイドの700万ドル相当の集合住宅やニューヨーク 州モントークやフロリダ州パームビーチ、フランスにある一戸建て住 宅などの資産を押収する方針を明らかにした。マンハッタン連邦地検 のレブ・ダシン検事代理によれば、検察側はルース夫人名義の口座に ある現金1700万ドルと債券4500万ドル相当も差し押さえたい意向 だ。

マドフ被告は12日、最大650億ドルを投資家からだまし取った 事件で有罪を認めた。同氏の弁護士はニューヨークの米連邦控訴裁判 所に6月16日の量刑言い渡しまでの間の保釈請求を行っている。マ ドフ被告は最大150年の禁固刑を言い渡される可能性がある。

ルース夫人は今のところ訴追を受けていない。夫人の弁護士のピ ーター・チャブキン氏とバーナード・マドフ氏の弁護士、ダン・ホル ウィッツ氏はいずれもコメントを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE