今日の国内市況:株式は3日続伸、債券安-ユーロは対円で堅調

東京株式相場は3日続伸。きょう から開かれる日米の中央銀行の政策決定会合で、新たな 金融対策が示 され、景気や信用収縮への不安が一層後退すると見られた。銀行など金 融株、不動産株が連日の上昇。オリックスはストップ高まで買われ、そ の他金融は33ある東証1部の 業種別指数で値上がり率1位となった。

日経平均株価の終値は前日比244円98銭(3.2%)高の7949円 13銭、TOPIXは同18.95ポイント(2.6%)高の760.64。

日経平均は、前週10日に付けたバブル経済崩壊後の安値(7054 円、終値)から16日終値(7704円)まで10%近く上昇。きょう朝方 や午後の取引開始直後には、足元の急激な戻りを警戒した売りで伸び悩 む場面もあったが、売り圧力をこなしてじり高となった。一時262円 高の7967円まで上げ、結局この日の高値圏で終了。午後には、英銀2 位スタンダード・チャータード銀行の1-2月業績が好調だったと伝わ ったことも、市場心理を上向かせる一因になった。

東証1部の売買高は概算で23億2340万株、売買代金は1兆4307 億円。業種別指数は32業種が上昇、下落は繊維製品の1業種。上昇銘 柄は1089、下落銘柄は516。

債券相場は下落

債券相場は下落(利回りは上昇)。前日の米国債相場の下落や国内 株相場が続伸したことを受けて、先物市場を中心に売りが膨らんだ。 20年国債の入札は無難に通過したものの、現物市場では超長期債の軟 調な推移が続いた。

東京先物市場の中心限月6月物は、前日比14銭安い138円77銭 で始まり、開始後にこの日の高値138円87銭をつけた。しかし、日経 平均株価が2月10日以来の7900円台に乗せると、午後には138円50 銭付近で一進一退が続いた。結局は33銭安い138円58銭で終了した。 売買高は2兆3519億円。

前日には日銀が長期国債買い入れを増額するとの報道に反応し、6 月物は取引時間中としては2営業日ぶりに139円台 をつけたが、この 日は国内株価の堅調ぶりを反映して売り込まれた。

現物債市場で新発10年物の299回債利回りは前日比1ベーシスポ イント(bp)高い1.305%で取引開始。その後1.300-1.305%のもみ 合いを経て、午後1時前には2bp高の1.315%まで上昇したものの、 取引終盤には前日比変わらずの1.295%に戻す場面もあった。3時過ぎ からは1.30%で推移している。

超長期債には売りが優勢。前回入札された20年物の108回債利回 りは前日比3bp高い1.925%に上昇した。新発30年債利回りも同3 bp高い2.000%で推移している。

財務省が実施した20年国債(109回債、3月債)の入札結果によ ると、最低落札価格は99円60銭(利回り1.927%)と事前の市場予 想通りの水準に決まるなど無難な結果と評価された。

ユーロが対円で堅調

東京外国為替市場ではユーロが対円で堅調に推移した。金融不安が 後退し、株式相場の堅調地合いが続くなか、投資家のリスク許容度が一 段と改善するとの見方を背景に円からユーロに資金を振り向ける動きが 優勢だった。

ユーロ・円は1ユーロ=127円台前半から一時、128円53銭まで 上昇。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日本銀行の金融決定 会合といったイベントを控え、積極的に持ち高を傾けにくい状況のなか、 前日の海外市場で付けた昨年 12月29日以来のユーロ高値(128円73 銭)を試す勢いは見られていない。

オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルも対円で約2カ月 ぶり高値付近で推移。また、午後にはドル・円でも円安が進み、一時1 ドル=98円86銭と1週間ぶりの水準を付けた。

一方、ユーロは対ドルで1ユーロ=1.29ドル台後半から1.30ド ル台前半で底堅く推移。ただ、ユーロ自体に買い材料が少ないなか、前 日に付けた約1カ月ぶりユーロ高値の1.3072ドルに向けてユーロを買 い進める動きは見られなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE