米カード会社の与信厳格化で中小企業が苦境-利息倍増、限度額削減

米ワイオミング州ジャクソンホー ルで音楽専門店やインターネットカフェを経営するスーザン・ウッド ワードさんは、これまで9年結んだ賃貸契約を更新していない。クレ ジットカードの支払利息がほぼ倍に上昇し、シティバンクやキャピタ ル・ワンのカードを解約したからだ。

全米中小企業協会(NSBA)が昨年12月に実施した調査によれ ば、従業員500人未満の米国企業のうち、約4分の3が与信悪化やク レジットカードの条件厳格化を経験していると指摘した。こうした企 業の約半数は主な資金調達源をクレジットカードに頼っている。

NSBAのトッド・マクラッケン会長は、クレジットカードの利 払いなどのコストが上昇したことで、カード利用を止めた経営者もい るのに加え、与信限度額の引き下げで中小企業の資金調達が難しくな っていると指摘する。また、銀行の融資も減少しており、米連邦準備 制度理事会(FRB)の1月の調査によると、米金融機関の約70%が 中小企業向けの融資条件を厳格化したとみられる。

メレディス・ホイットニー・アドバイザリ・グループのメレディ ス・ホイットニー最高経営責任者(CEO)のまとめたリポートによ れば、米金融機関は2010年末までにクレジットカードの与信枠を2兆 7000億ドル(約266兆円)削減する可能性がある。

元FRB副議長でプリンストン大学教授のアラン・ブラインダー 氏は「とりわけ中小企業は様々な場面で与信面の逼迫(ひっぱく)を 経験しており、中には非常に高利の与信に手を出さざるを得ないか、 あるいは全く与信が得られない企業がある」と指摘する。

オバマ大統領とガイトナー財務長官は16日、政府による融資保証 拡大など中小企業の資金繰り支援策を発表。FRBは25日、ターム物 資産担保証券ローン制度(TALF)に基づき、消費者や中小企業向 け融資の活性化に乗り出す。ブラインダー氏は「うまく行けば、TA LFは消費者や中小企業向け信用市場の回復へ大きな一歩となる可能 性がある」と期待する。

一方、米銀行協会(ABA)の幹部であるケン・クレイトン氏は、 厳しい経済環境下でリスク管理する重要な方法の一つに与信枠縮小が あると指摘する。ホイットニー氏によると、シティグループは6000 億ドル、バンク・オブ・アメリカ(BOA)は5000億ドルそれぞれ削 減する可能性があるという。

ブルームバーグの集計データによれば、1月の債権償却費用は全 体のうち平均で7.1%と、前年同月の4.6%から上昇した。2月の米失 業率が約四半世紀ぶり高水準の8.1%に達したなか、消費者のカード 融資の返済は遅れ気味だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE