コンテンツにスキップする

1月の中国外貨準備高、少なくとも9年ぶりの大幅減-ロイター

ロイター通信は16日、1月の中 国の外貨準備高が少なくとも9年ぶりの大幅減少となったと報じた。 匿名の関係者1人からの情報を基に伝えた。

ロイターが「事情に詳しい」とされる同関係者の話として伝えた ところでは、外貨準備の減少は、ドル高でその他の主要通貨の価値が 目減りしたほか、金融危機で打撃を被った海外の企業や投資家による 資金引き揚げなどが要因だという。

中国人民銀行のデータによると、同国の外貨準備高は昨年末時点 で1兆9500億ドル(約192兆円)に達していた。今年1-3月(第 1四半期)の数字は4月に発表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE