東京外為:ドル弱含み、株底堅く逃避的ドル買いの巻き戻しの動きも

午前の東京外国為替市場ではドル が弱含み。金融不安が後退し、株式相場の下値懸念が弱まるなか、安 全な資金の逃避先として買っていたドルを売る動きもでている。

ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.29ドル台後半から一時、1.3013 ドルまでドルが軟化。ただ、新規の材料に乏しいなか、前日の海外市 場で付けた2月10日以来、約1カ月ぶりドル安値の1.3072ドルを再 び試す勢いはない。

みずほコーポレート銀行国際為替部の宮地崇調査役は、「きのう は米国株が引けにかけて伸び悩んだものの、金融株を中心に以前と比 べると底堅い動きになっている。そういう意味では、米株が下がると きにドル買いモードになっていた動きが反転しており、ドル売り中心 の相場環境がしばらく続くとみている」と語る。

対ドルでユーロが強含むなか、ユーロ・円も1ユーロ=127円台 前半から一時、128円ちょうどまでユーロが上昇。ただ、前日の海外 市場で付けた昨年12月29日以来のユーロ高値(128円73銭)は下回 っている。

一方、ユーロ・ドルとユーロ・円の動きに挟まれ、ドル・円相場 は1ドル=98円台で方向感の乏しい相場展開が継続。これまでの値動 きは98円8銭から98円51銭にとどまっている。

株堅調でドルの上値重い

16日の米株式相場は5営業日ぶりに下落。週末の20カ国・地域 (G20)財務相・中央銀行総裁会議が不良資産処理の進展に向け決意 を表明し、過度の悲観論が後退するなか、日中は堅調に推移していた ものの、取引終盤にかけて急速に伸び悩んだ。

もっとも、17日午前の東京株式相場は続伸しており、ドルは全般 的に上値の重い展開となっている。

一方、米国ではきょうから2日間の日程で米連邦公開市場委員会 (FOMC)が始まる。世界的なリセッション(景気後退)が深まる なか、英国は国債と社債の買い取りによる量的緩和に踏み切っており、 市場では米連邦準備制度理事会(FRB)も長期国債の購入に踏み切 るかどうかが注目されている。

また、国内でもきょうから日本銀行の金融政策決定会合が始まり、 金融市場への資金供給量を拡大するための長期国債の買い取り増額や 銀行の資本増強支援のための劣後ローンなどの引き受けが検討される 見通しだ。

--共同取材 曽宮一恵 Editor:Tetsuzo shiroyama, Norihiko Kosaka

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Nicholas Reynolds

+81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE