与謝野財務相:無利子国債は真剣に検討、政府紙幣は「論外」(3)

与謝野馨財務・金融・経済財政担 当相は17日午前の参院財政金融委員会で、景気対策の財源としての無 利子国債の発行について、課題はあるものの、引き続き真剣に検討し ていく意向を示す一方、政府紙幣については「論外である」と語った。 民主党の大塚耕平氏への答弁。

財務相は無利子国債について「買った人もいいことが起こる。政 府もいいことが起きる。両方同時にいいことが起きてウイン・ウイン の状態が作れるかとなると、なかなか難しい」と指摘。また、同国債 に相続税を減免する特典を付けることについても「納税者にも良く、 税をいただく国にとっても良い。多分これは、ゼロサムゲームなので、 どちらかが良ければどちらかがが悪いことにしからならないという意 見がある」と語った。

しかし、同相は「これを主張している方々は学問的に相当きちん とした研究をされているので、われわれもそれに対して真剣な検討を していくことが必要だと思う」と述べ、「研究されている方は、党内外 におられるので、そういう方々のまじめな研究については、われわれ もまじめな研究でお応えしたい」と強調した。その上で同相は「結論 が出ているわけではない」と語った。

自民党の有志議員が景気対策のための新たな財源確保の手段を検 討する「政府紙幣・無利子国債発行を検討する議員連盟」は11日、① 政府紙幣の発行②相続税を減免する無利子国債の発行③生前贈与を促 進する贈与税減税-などを柱とする緊急提言を麻生太郎首相に提出し た。無利子国債については10年または20年の年限とし、中途換金も 認めるべきだとしている。

--共同取材:下土井京子 Editor:Masaru Aoki,Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 伊藤 辰雄 Tatsuo Ito +81-3-3201-3655 tito2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE