米ゴールドマン:欧州の鉄鋼価格予想を下方修正-在庫調整長引く

米ゴールドマン・サックス・グル ープは、2009年の欧州の鉄鋼価格見通しを14%下方修正した。加工業 者の在庫調整に予想より時間がかかっているためとしている。

ゴールドマンのアナリスト、ピーター・マリンジョーンズ氏(ロ ンドン在勤)は16日付文書で、在庫調整は早くとも4-6月期末まで 長引く可能性があり、従来予想より2-3カ月ずれ込むとの見方を示 した。同氏は欧州の09年の炭素鋼熱延コイル価格が1トン当たり平均 413ユーロになるとみている。

世界経済の低迷により売上高が激減するなか、自動車メーカーや 建設業者は鉄鋼を新規に発注するより在庫調整を進めている。ゴール ドマンは、経済統計が予想より軟調だったため、欧州の熱延コイル生 産が今年、12%減少すると見込んでいる。熱延コイルは自動車や建設 業界で利用され、指標となる鉄鋼製品。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE